妊活中の女子はどうしても扱いに困るのだそうです・・・

妊活中で、なかなか子宝に恵まれず、不妊治療を受けている女性は、そのことを知っている周囲の人々からするとどうにも扱いにくい存在のようです。

 

どうも周囲の人からすると、精神的に情緒不安定で心なしかいつも不機嫌・・・という風に見える存在なんだとか。

 

この事から、世間一般では、不妊治療を受けている女性の事を『不妊様』と呼ぶようになっています。

 

どうしてこんな事になってしまうのかというと、管理人のわたしの個人的な推測ですけど
おそらくですが、赤の他人からすると妊活中の女子がなにを言われると怒ったり悲しんだりするのか分からない

 

なにをいうと怒り出すのか分からないので、なにも言えなくなってしまう。だから腫物として扱っておこうということになってしまうののでしょう。

 

そんな予想もつかない妊活・不妊治療女子の気持ちをイメージするために簡単なたとえ話を考えてみました。
不妊治療を受けている女子は、大学受験に失敗して浪人決定という状態にいる人と想像すると分かりやすいかも知れません。

 

人によっては大学なんて誰でも入れるんじゃ・・・と思われるかも知れませんが、実は大学進学率というのは意外と低く2014年8月の朝日新聞の記事によると、その年の大学進学率は51.5%だそうですから大学に行ける人は約半数というのが実態です。

 

もう一方の不妊治療を受けている女子ですが、2013年の特殊出生率は1.43人(一人の女性が一生に産む子供の人数)という数字です。
つまり、日本人女性はもれなく一生に一人は子宝に恵まれている計算になりますけど、その中でどんなに夫婦生活での自然な妊活では長く子供を授かる事が出来ない女子もいるんです。

 

周りの人が全員大学受験に失敗した人がいないのに、自分ひとりだけが浪人生・・・そんな状況が妊活中の不妊治療女子と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

 

しかも、大学受験に失敗した理由がどこにあるのかも分からない。

  • いつまでこんな状態が続くのかも分からない。
  • 他の人が大学の進級で単位取得の苦労話や人間関係の苦労話をしていても『うらやましい』としか取れない。
  • 楽しいキャンパスライフなんて聞かされた日には、家に帰ってからワラ人形に五寸釘。
  • 予備校なんて行かなくても、合格するんじゃ・・・なんて言われても何の参考にもならない。
  • 今さら進学校に行けてない自分を振り返っても何にもならない。
  • 大学いけないと一生つらいだろうなんて言われた日には再起不能です。

 

これを妊活女子に置き換えると・・・

 

  • 普通の夫婦生活を送っていれば子供が生まれないなんておかしい。
  • 子育ての苦労話や産後の授乳期のちゃんと睡眠が取れない大変さを話されると『うらやましい』としか思えない。
  • 子供が出来ないなんてちゃんと夫婦生活を送ってないんじゃないか。と疑われる。
  • わたしが妊活中だったときは基礎体温も測って、リズムに合わせてセックスしてたよなんて言われてもなんの参考にもならない。
  • (そんな事はすでにやっている。)

  • 子供がいないと一生寂しいよね・・・なんていわれたら再起不能になる。

といったところが大学受験失敗の予備校生と妊活中で不妊治療を受けている女子とで置き換えてみた感じでしょうか。

 

浪人生なら『すべる』とか『すべらない』とかの単語は気遣いをしてもらえるかも知れませんけど、不妊治療を受けた事がある人の絶対数が少ないから『なにがNGワードなのか分からない』という事になるのではないかと思います。
先ほどの特殊出生率の話でも分かると思いますが、子供を授かっていない人の方が圧倒的に少ないため、子供の事についてはほとんどの人が先輩・先生気分で話をしてくる。
そんな状態にいるのが不妊治療女子の心をえぐるわけです。
なにかを言われる事に対して、敏感になりすぎる側にも問題はあるのかも知れませんが、当の本人からしてみれば『いじめられている』としか取る事が出来ないのも事実なんです。

 

親戚関係のなにかにお呼ばれしても、絶対に行きたくないわけではなく、普通の会話の中で『子供がいる幸せと収入とは別の話』なんていう様子が伝わってくるのがつらいから行きたくなくなるわけで、なんの関係もない世間話なら普通に参加します。
『子供がらみの苦労話がうらやましい』としか取れない精神状態だから、子供がいて、それだけで充分にキラキラ輝いているのに『その上幸せアピール』をされるのがつらいだけなんです。

 

人によって状況が違いますから的外れなアドバイスは要りませんが、別に何も話すなと言っているわけではありません。

 

浪人生なら長くても3年とか時間が区切られていると思いますが、不妊治療を受ける妊活女子は10年という人もいるし、本当にいつまで続くか分からないんです。

 

すべての労力を妊活に費やしても、子供が出来る確証がなく、それがいつまで続くか分からない。それが妊活中女子と考えて頂けると分かりやすいのかなと思います。

 

自分と状が違う人対して、少しだけ想像力を働かせて接して欲しいなと思います。