不妊症に対するイメージについて

いざ妊活を始めるとなると、周囲の方々はこのカップルはどちらか、あるいは両方に病気があって不妊治療を行っているのではないかというイメージが付いて回るような気がします。

 

わたしの思い過ごしかも知れませんが、普通の方からしてみれば、先ほど言ったような問題が夫婦間にあるから“不妊治療をやっている”という解釈になってしまうのは無理もないと思います。

 

もちろん実際には違って、産婦人科の先生からしてみると「生殖機能に何らかの異常を持っていない人は地球上には存在しない」という事になるんだそうです。

 

そして、たまたま結ばれたカップル同士の相性が“子宝に恵まれない道”に乗ってしまうものであった場合は不妊治療が必要になるという事なんですね。

 

芸能人が、30代後半で子供を出産してニュースになったりするのは日常茶飯事で見た事があると思いますが、本来なら女性は閉経するまでは子供を産むことが出来る身体であり、男性は生殖器が機能している限りは子孫を残す事が出来るんです。

 

つまり、カップルの間で“子供が欲しい”という認識があれば、そこそこの年齢までは子供を授かる事は出来るし、ちゃんと出産も出来るんですね。

 

卵子に元気がない女性も決して珍しい話ではなく、男性側にしても精子に元気がない男性はたくさんいます。

 

ですが、たまたま妊娠・出産に至るまでのルートで何らかの困難が生じた場合に、どうしても妊娠までにこぎつける事が出来ないカップルが出来るわけで、これは動物と違って、子孫繁栄だけが目的でつながっているわけではない“人間だからこそ生じる現象”となるんですね。

 

つまり不妊症は病気でも、異常でもなく、ただの確率の問題なのです。