夫婦生活のストレスは妊活で膨れ上がる!

世の中の一般的な男性で所帯持ちの方は、奥さんがストレスでヒステリーを起こす場面に出くわして、思わずヒイてしまう事もあるのではないでしょうか。

 

実は、そんな事がキッカケで妊活が始まるという事もあるんですよ。

 

妻が友達との女子会や職場の後輩の結婚・出産祝いなどで出掛けて帰ってくると、なぜかスッゴイ不機嫌になっていて、わたしの辛さの何があなたに分かるっていうのよ!!!とはじまってしまうわけです。

 

旦那の方からしてみれば、仕事が終わって疲れて帰ってきてカップラーメンで寂しい食事を終えて、妻が帰ってきたら不機嫌に・・・わけが分からなくなってしまって、しかもヒステリーを起こしている奥さん側も感情のはけ口が旦那さんしかいないわけですから、感情の赴くままに“口撃”(クチで攻撃する事)してしまうわけです。

 

たいていの場合は、そんな時の女性は普段感じている寂しさをただあげつらって言ってしまうだけですから、解決しようとは思えないわけです。

 

旦那さんが週末に友達に誘われてお酒を飲みに行く事だったり、仕事が終って疲れて帰って来てるからと思ってカマって欲しいのを我慢してるのに、なぜかゲームを始めて夢中とか・・・そんなのを見ると、奥さんとしては“おいおい疲れてるんじゃなかったの?”というのが数回重なるなんていう事も起こるわけです。

 

それが、女子会に誘われて行くと、実は女子会は“幸せ自慢の会”だったり旦那に文句を言ってるはずが結局“のろけ”だったりするという事もあって、それに結婚や出産祝いなど“本当のおめでとう”が重なると奥さんとしては寂しくなって“大火山噴火”となるわけです。

 

ですが、こうなったという事は、旦那さんだけが悪いという事ではないんです。奥さんは溜まってしまったストレスの排出場所を求めているだけなんです。

 

そして、そもそもストレスの発生源が、友達の幸せ自慢だったという事を考えると「奥さんが早くあなたと一緒に子供を作りたい」と言っているんです。

 

これが仮に今まで、夫婦間でのセックスがなかったのであれば、スキンシップをしましょ。と言っているわけですし、ちゃんと営みがあっても妊娠出来ていないのであれば、不妊治療を受ける事も視野に入れて“一緒に考えましょう”という事なんです。

 

なので、子供がいない夫婦間で奥さんのヒステリーがあった場合は、旦那さんは怯まずに落ち着いて奥さんのイラつきがどこから来ているのか見極めてあげる優しさを持って欲しいというのが、わたしの希望んなんです。

 

奥さんはイライラして、あなたにイラつきをぶつけてしまっている時は、冷静に“ここをこうして欲しい”という事を言えない精神状態にあるので、そこは旦那さんが奥さんに対してのリーダーシップを発揮してイライラの原因を整理するために「どうすればいい?どうしたい?俺に出来る事は?」と聞いて落ち着かせてあげて欲しいんです。

 

その上で、あなたにとって奥さんが絶対に必要な存在で、他は二の次なんだよ。と伝えてあげて下さい。

 

その一言があるだけで女性は冷静になれるものなんです。個人差はあると思いますが、多かれ少なかれ他人の幸せ自慢を聞いてイライラするという事は、その相手の“幸せが羨ましい!自分もそうなりたい!”と思っているわけですから、子供が欲しい。子供を産むか旦那さんに頼られて“自分の存在価値と居場所を確かなものにしたい”と思っている表れであって“母性本能”があるからこそ、その裏返しで満たされない状況にイライラが募るわけです。

 

良く、聞く話かも知れませんが、既婚女性が“家には子供が一人余分にいるから”という言葉は、本当に愚痴である場合もありますが、頼られて嬉しいという“のろけ”のひとつでもあるんですよ。

 

男性は、奥さんがそんな話をしていると“また愚痴ってる”と眉をひそめてしまうかも知れませんが、実は奥さん同士の井戸端会議も“幸せ自慢の戦い”が繰り広げられているんです。笑

 

なので、落ち着いて奥さんの心を冷静に整理しながら丁寧に拾ってあげて下さいね。