不妊治療は恥ずかしい事っていうイメージありませんか?

不妊治療に対しての世間的なイメージの話をしたいと思います。

 

ちなみにうちの旦那ちゃんは、わたしが受けている不妊治療で様々な恥ずかしい事をされるという『噂話を入れ知恵』されていました。苦笑

 

その内容は、全裸で身体を検査されたり、先生の前で恥ずかしい事をさせられたり・・・とてもこのページで具体的には書けません。苦笑

 

まぁ、うちの旦那ちゃんがどこの誰にそんな入れ知恵をされて来たのかはともかくとして、それが世間様の知らない人に一般的なイメージなんだろうなと思います。

 

ですが、実際にはそんな事は全くありません。病院の方針にもよるそうですが(わたしが通っているところ以外は知りませんが・・・)女性を裸にしたり、むやみに調べたりする事はありません。

 

基本的にパートナーの男性が一緒に通院を求められる事はありません。ですが夫婦で付き添って通院される方もおられるので、実際にどんな治療が行われているのかを先生に確認されるのも良いかも知れませんね。

 

ちなみに、わたしの場合は旦那ちゃんに付き添ってもらったのは最初の一回だけで、後はわたしが一人で通院しています。

 

これも、一番初めの検査で、精液に問題がないかどうかを確認するためというのと、そこでなんらかの問題が精液にあった場合に、妻と先生だけでは基本方針を決めかねるという理由で求められたものです。

 

ちなみに、その精液検査ですが、方法は意外なものでした。

 

診察の前日夜にセックスをして、翌日の朝に子宮内にいる精子の数や動きをみるというもので、フーナー検査(またはフューナー検査とも)というものです。

 

精液そのものを検体で提出して行うのかと思っていましたが、そうではないんですね。これが今の不妊治療のファーストステップとして標準的なものなんだそうです。

 

この検査の結果が問題なければ、次回以降は男性側の通院は基本的にないとの事で、旦那ちゃんの出番はこれ一回こっきりでした。

 

この検査を行うには、一ヶ月の中で排卵前の数日しかチャンスがなく、それ以外では正確な検査結果にならないんだそうです。
なのでスケジュール調整をした上で、事前予約を入れて、その前夜には確実にセックスをする事が大切で、それが出来ないと検査がキャンセルになってしまうんですよ。

 

旦那ちゃんが、この検査内容を聞いたところで、出た感想は『なんだかビジネスライクで上手く出来た検査だねぇ・・・』との事でした。笑

 

その後は、人工授精や体外受精など、旦那ちゃんの出番が必要なケースは出て来ますが、直接先生や看護師さんの目の前で採らされる事はありません。

 

人工授精用や体外受精用の精子は、冷凍もケース入りを持参する方法もあります。

 

冷凍の場合は、スケジュールが合わず、検査の時に持参出来そうもない時で、その時には事前に話し合って、病院に精子を持参して冷凍保存してもらいます。

 

ちなみにうちの場合は、検査や治療の前日に一人でお役目を果たしてもらって、もう一方のわたしもお腹に注射を打つという感じでした。

 

旦那ちゃんが言うには、お前がいるのに俺一人で採るのは複雑だけど、決めて頑張っているんだから、何でも協力できる事はしたいとの事でした。

 

通院の方法に関しては、先ほども言った通り病院の方針によっても違うようですが、どこの施設に通うにしても、夫婦で話し合った上で決められるのが理想的ではないでしょうか。

 

どちらにしても、無理のない形で不妊治療を指示通り続けていく事が大切かなと思います。