妊活はいつから?なんて聞きにくいので・・・

ご家族や親戚、仲の良いお友達。そんな女性が妊活に真剣に悩んで頑張っている・・・

 

すでに流産や死産も経験していて、彼女の結婚相手の実家からのプレッシャーも相当なもので、舅などにも『いつになったら孫の顔を見せてくれるのか・・・』などと嫌味を言われている事を考えると、なんとかして元気づけてあげたいと考えるのは、とても自然な事でもありますし、素敵な事でもあります。

 

プライバシーに触れる部分でもあるだけに『妊活はいつからやっているの?』とか、また『どんな事に悩んでいるの?』なんてなかなか聞きにくいものです。

 

まして、自分はスムーズに妊娠から出産を経験して、周囲からも祝福してもらっている場合など、根掘り葉掘り聞いたりすると応援してあげたい相手を傷つける事になってしまわないかと考えるのも当然です。

 

そんな立場にいるあなたに提案したい事が、聞きにくい事は聞かずに『元気づけるプレゼントを贈りましょう!』という事です。

 

妊活ってどんなもの?いつから始めるの?のページでもご紹介しましたが、不妊治療を決断するほど真剣に悩んでいる大切な人を元気づけるというのは、ストレスを感じて考えも縛られてしまっているケースがあるので、なかなか難しい部分もあります。

 

そこで、詳しい事は聞かずにプレゼントで元気づけてあげる方法なのですが、大きく分けてプレゼントには2つの選択肢があります。

 

  • 縁起物でいつまでも心に残る贈り物
  • 妊活のために効果的な根拠がある贈り物。

 

前者は、妊娠中の自分が陣痛が近い臨月などのタイミングで『富士山と日の出を手作りで描いた絵』をプレゼントすると妊娠する。

 

または、子宝に恵まれる『根付(ねつけ)』のストラップなど、雑貨屋さんなどでも販売されている贈り物があります。

 

前者の『富士山と日の出の絵』などは、印象が強いので、プレッシャーを感じさせてしまうのでは・・・と考えられる場合もあります。
これは、プレゼントをする相手の性格によっても受け取り方が変わるため、慎重に選びたいところです。

 

生真面目で優しい性格の相手なら、あまりプレッシャーを想起させない後者の根付のストラップなどが喜ばれるかも知れませんね。

 

 

また、後者の妊活に効果的な根拠のある贈り物の場合は、葉酸サプリメントマカのサプリメントといった妊活中の女性の身体にも、パートナーの男性にとっても頑張る事が出来るための有益な栄養やミネラルが含まれた物もあります。

 

また、母体になるための妊活中だからこそ、腰回りが冷えたりするのは避けたいところですので、根拠のあるプレゼントとして温熱効果のある座布団として使える『妊活湯たんぽの“よもにん”』なども人気の贈り物のひとつです。

 

このような形で、大きく分けただけでも二通りの選択肢があるプレゼントですが、子細な話を聞きにくい状態で、細かい事を聞かずにプレゼントを選ぶのは気が重いと感じておられると思います。

 

そこで、プレゼントを贈る際にひとこと添えて欲しい『大切な言葉』があるんです。

 

それは、この言葉です。

具体的に悩んでいる事を聞くのは気が引けたから聞けなかったけど、わたしからの心からの贈り物なので、良かったら使って下さい。
聞かれたくない事は聞きませんが、わたしはあなたの味方です。元気を出してください。それとわたしに出来る事があったら何でも言って下さいね。

 

あなたが大切に思っている人が真剣に悩んでいる事に対して良かれと思ってプレゼントが曲解されてしまう事も防ぐ事が出来ますし、この贈り物で今までよりももっと親密に何でも相談できる間柄に「なれたら素敵な事ではないかと思います♪

 

誤解を恐れずに動くと言っても、なかなか難しい部分があるのも事実ですが、あなたが大切に想っている気持ちはちゃんと伝えてあげて下さいね。笑