妊活中の花粉症対策を薬に頼るのは不安ですよね

妊活中のカップルで二人とも花粉症に悩まされている方は珍しくありません。

 

花粉症は日本人の4人に1人が悩まされているアレルギー症状だからです。

 

ですが、妊活中で不妊治療を受けている女性やそのパートナーの男性でも、花粉症に悩まされていて、今まで『普通に使っていた薬が怖い』と感じる方は多いのではないでしょうか。

 

花粉に対するアレルギー症状を、和らげてくれる薬は確かにありがたい存在なのですが・・・

 

  • 抗ヒスタミン薬
  • ステロイド系アレルギー薬
  • アレグラなどの市販薬

 

どれをとっても頼り切ってしまうのは怖いと感じるのは当然です。

 

管理人のわたしはありがたい事に花粉症ではありませんでしたが、うちの旦那ちゃんが極度の花粉症で、病院から処方された抗ヒスタミン薬を飲んでいたので、何回かそれが原因でケンカになった事があります。

 

わたしが不妊治療を受けながら頑張っているのに、旦那ちゃんが何の犠牲も払わないのはおかしい!と感じていたからです。

 

鼻水はズルズルで目は涙を一杯にためて真っ赤にしている彼を見るのは気の毒に感じますが、当時のわたしのストレスも半端じゃなかったので、ケンカなんていう事になったのですが、今にして思えば、大人気なかったと反省しています。

 

もし、その真逆でわたしが花粉症だったら不妊治療を受けながら、花粉症のつらさに耐える事が出来たかと聞かれると正直に言うと自信がありません。

妊活中の女性が花粉症だった場合は?

妊活中の女性が花粉症だった場合でも、花粉症の薬を飲んでいてもまったく問題ありません。

 

ただし、妊活中に花粉症の薬を飲んでいて、生理が遅れるなど、妊娠の兆候があった場合は、すぐに服用をやめた方が無難です。

 

というのは、おめでたが確定した時点から、受精卵の着床〜胎児の体幹が作られる時期に移行するからです。

 

この最初の2週間で抗ヒスタミン薬などの服用は危険と言われています。

 

なので、めでたく妊娠が確定したら、まずは薬の服用をやめましょう。

 

また、妊活中と言えども、最初ははっきり妊娠したかどうかが分からないので、まずは妊娠検査薬を使って陽性反応が出たら、すぐに産婦人科に相談に行って、判定を受けましょう。

不妊治療中の女性の花粉症薬の服用は?

不妊治療中の女性が花粉症の薬の服用を続けるのは問題ないんだそうです。

 

ただし、これも不妊治療中だけであることは言うまでもありません。

 

先ほどの通常の妊活中女性(不妊治療中ではない。)が妊娠が発覚したら、すぐに薬の服用をやめましょうとご紹介していた通りです。

 

念願が叶って、見事『おめでた』になれたのですから慎重に対応したいですよね。