感染症検査は不妊治療の肝です。

不妊治療で産婦人科に行った時に始めに受けるのが血液検査です。
女性ホルモン(もちろん女性の場合です。)の値などを見るのですが、万が一重大な病気に罹っている場合は治療がまず優先事項になります。

 

採血の感染症検査は、不妊治療の過程やそれが実った上での、妊娠や出産時のトラブルを想定する事も出来ますし、前述のように治療が優先な場合もあるので、事前に調べておくことが大切なんだそうです。

 

ちなみに、以前に罹った事がある病気などが不安という方も、完治しているかをちゃんと調べる事が出来るので、安心してその後の治療や処置に臨むことが出来ます。

 

感染症検査は次の項目を調べるそうです。

  • HBs抗原(B型肝炎ウイルスの感染状況)
  • HCV抗体(C型肝炎ウイルスの感染状況)
  • 梅毒
  • HIV-1
  • HIV-2

この中で、HIV-1とHIV-2というのがありますが、いわゆるエイズウィルスには2種類のタイプがあるのだそうで、わたしの時はこの血液検査で1万円をわずかに数百円上回った程度の額でした。

 

でも、このくらいの金額で、これから生まれてくる子供が重大な感染症を引き継いでしまうかも。。。という不安がすっきり出来るのなら安いものではないかと思います。

 

血液検査は旦那も受けるのですが、上記の項目に関しては同じで、金額も同じです。

 

この他にも内診で受ける感染症検査もあります。

  • クラミジア抗原
  • カンジダ

内診は女性が受ける検査ですけど、これで卵巣ガンや子宮内膜症などの病気が発見される場合もあるんだそうですよ。

 

これも、これから不妊治療を受ける方針を決めたりする事につながりますし、初期で発見できれば自分の命も守れる事になるので、安心を確認できる検査としては受けておいて損はないと思います。

 

これらの感染症や病気の発見のためだけに病院に行くのは、ちょっとハードルが高い感じがしますけど、これから妊活を確実なものにしていくためになら、安心感も得られますし、万が一別の病気などが発生して別の病院にいった場合でも、記録を持っていけば無駄な検査を受けなくても良いので、その分負担が減る可能性もあります。

 

検査の有効期限は一年なのですが、これを長いとみるか短いとみるかは人によって感じ方が違うところではないかと思います。

 

わたしの場合は、これから不妊治療を進めて行って、ちゃんと赤ちゃんを授かるためと、それが成就した時の赤ちゃんに対する安心感も考えて“今年も無事だった!身体に乾杯!という考え方をするようにしてましたよ。笑