妊活中に掛けられて嬉しかった言葉はなに?

妊活をしている方への言葉ってみなさんはどうお考えですか?
妊活は時間とコストのかかるもので、とても忍耐強くがんばっている方が多く、
そのような方に薄っぺらい言葉をかけると、かえって傷つけることになるかも・・・。

 

言葉はとても強い影響を持つものです。こちらが意図していなくても
いつのまにか傷つけるようなことはできれば避けたいものです。

 

妊活中に掛けられて嬉しかった言葉をランキング形式でまとめてみました。

 

もしあなたの大切なお友達や、ご家族が妊活で苦しんでいたらこんな言葉をかけてあげてみてはいかがでしょうか。

 

妊活中に嬉しかった言葉ランキング

 

1位:身体を大切にしてね。(身体をいたわるプレゼントと共に)
2位:心配しなくても大丈夫だよ。赤ちゃんがタイミングを待ってるだけだから。
3位:ゆっくり頑張ろうよ、焦っても仕方ないんだから。
4位:自分ひとりで悩まないで何でも相談してね。
5位:あなたのせいじゃないんだから悩んでも仕方ないよ

 

妊活がなかなか実らず、旦那様の協力も得られない状態で、実家からは「早く孫の顔を見たい。」などと言った言葉で傷つけられてきた
妊活女子の方は、周囲からのプレッシャーに押しつぶされそうになっているはずなので、その気持ちを汲み取ってあげる事がいちばん大切な事なのかもしれませんね。

 

その上で、あなたが心を込めたプレゼントを贈ってあげたら、必ず喜んでくれるはずですよ♪

 

ただし、妊活で長く(2年以上苦しんでいる方)などの場合は、不妊治療なども受けているはずなので、
逆に根拠のない励ましは“ただの気休め”に聞こえてしまい却って気分を害する可能性もあるので、注意が必要です。

 

長く妊活に苦しんでいて、しかも親類縁者からは焦らされるような事を言われてプレッシャーを掛けられている
妊活女子である場合もあるので、悩みを聞いてあげるだけで“何も言わないこと”が却って心が落ち着く場合もあるという事があるんですね。

 

妊活の応援をしようと思い“リラックスできる音楽をプレゼント”する事は避けた方が良い場合もあります。

 

というのも、不妊治療専門施設などではリラックスできるヒーリング系の音楽をBGMで流している事が多いんです。

 

つらい不妊治療を思い出すと言った場合も考えられるので、普通に元気づけてあげられるようなPOPな楽曲を選んでプレゼントするのも良いですよ。

 

妊活女子本人に暗示をかける言葉の力

また、妊活中の女子本人に『思い込ませる暗示の言葉の力』というものもあります。

 

言葉は古くから『言霊(ことだま)』として扱われてきた背景があり、特別な力を持っているんです。

 

思った事、信じた事はそのまま実際の現象になって表れる。願うのではなく、強く信じ込ませる事が出来れば、不安に苛まれたり、無神経な第3者の『軽い言葉』に悩まされる事もありません。

 

妊活中の女子は、年齢や実家の両親、親せきなどの『不用意な言葉』で傷付いて、
それがプレッシャーになる⇒精神的なストレスが妊活を実りにくくする。という無限ループの地獄を体験している方も多いんです。

 

先ほどの嬉しかった言葉のランキングの後の方で、『根拠のない励ましは却って傷つける』という事を書きましたが、どんなに大切におもっていても『あくまでも他者』であるあなたの言葉は、その危険性がありますが、本人が後ろ向きな発言や元気のない言葉を吐露(はいている)ようでは念願は叶いません。

 

『言葉を吐く』の『吐く』からいちばん下の横棒(マイナス)を取り除くと『叶う』という文字になります。

 

言葉の力は本当に絶大なものなんですよ。

 

『引き寄せの法則』というのをご存じですか?
これは一種の暗示を利用したものなんですけど、これが実は効果的でなかなか侮れない力を持っているんです。

 

例えば、妊活女子本人に、このように暗示をかけてあげて下さい。

 

絶対に大丈夫!一生懸命頑張っているわたしは赤ちゃんに恵まれる!これは確定事項。

 

というくらいの強い気持ちを持つように伝えてあげて下さい。願いは信じる事で『実際に起こる現象』に昇華します。

 

プレゼントを贈る側のあなたが、妊活中の親友や大切な家族、親せきに伝えてあげる事で効果は倍増する『言霊の力』をプレゼントと一緒に贈ってあげてみませんか。

 

【あわせて読みたい関連ページ】