マカのの飲み方と効果|妊活中と妊娠中の注意点

マカは、男性でも女性でも精力剤っていうイメージが強い方もおられるかと思います。

 

ですが、栄養バランスの良い万能栄養食という側面があります。

 

そのため、栄養補給にはマカをおすすめしている情報もたくさんあるんですよ。

 

マカは、南米のペルーの古代インカ帝国では、スペインを打ち破る戦争の褒章として兵士に与えられていたという歴史を持っていて
奴隷制が普通に常識として存在していた古代にはマカは特権階級だけが食べられる嗜好品として珍重されていたんだそうです。

 

また、ペルーはマチュピチュでも有名ですけど、極端に昼間と夜の温度差が激しくて、空気も薄く乾燥しているため
そんな過酷な環境においても栄養をたっぷり蓄えて育つマカが珍重されたというのもうなずけますね。

 

現在、世界各国で日本も含めてマカを栽培しています。
しかしながら、本当に価値があるマカは、やはりペルー産のマカと言われており、それはあるがままの環境が厳しくマカを育てていくからなんだそうですよ。

 

マカってどんな効果があるの?

こういった歴史的な背景を持っているマカですけど、栄養バランスに優れているだけではなく、成長ホルモンに働きかけるため
妊活中に男性パートナーの精子を育てたり、女性側でも卵胞ホルモンによる卵子の成長を促す作用があることは有名です。

 

しかしながら、今見たようにマカの栄養素は成長ホルモンでもある
エストロゲンを活発化させる効果があるため注意が必要な点があるんですよ。

 

なぜ、マカにそんな効果があるのかというと、含まれている栄養成分に秘密があるとのことです。

マカに含まれる栄養素

マカに含まれる栄養素は、主にカルシウムやタンパク質、必須アミノ酸が豊富に含まれています。

 

その他にも、鉄分や葉酸などのミネラルも含まれているのですが、前述の成長ホルモンに働きかける栄養としては、
ビタミンCの別名でもある『アスパラギン酸』や『アルギニン』の働きとなります。

 

これらのアミノ酸は、子供の成長期には必要なアミノ酸で非必須アミノ酸ではありますが、食べ物から摂取しなければならない栄養素と言われています。

 

しかしながら、こういった特性を持っていることが妊娠中では注意が必要な点になってしまうようです。

妊娠中のマカの摂取は危険?

妊娠中のマカの摂取は、量を抑え気味に摂取することと体調を見ながら摂取する必要があります。

 

その理由は、妊娠中のホルモンバランスにあります。

 

妊娠中は、初期に分泌されたヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンの働きで胎盤や臍帯(へその緒ですね)が形成されるのですが、
それがしっかり作られると、今度は妊婦さんが妊娠状態を維持するために、生理周期では交互に分泌量が増えるエストロゲンとプロゲステロンの両方が同時に分泌量増加になります。

 

簡単にいうと、エストロゲンはお腹の赤ちゃんの成長のため。

 

そして、プロゲステロンは、胎盤や臍帯を子宮に定着させ、羊水量を一定に保って、臨月や産み月に向かって血液量を増やすためです。

 

つまり、エストロゲンは赤ちゃんの成長に必要で、プロゲステロンは、赤ちゃんが無事にお産でこの世に生まれてくるために必要なホルモンなんですね。

 

ところが、両方のバランスが取れていることが、妊娠中の妊婦さん体調の安定や赤ちゃんの成長に必要なので、マカの働きである成長ホルモン(主にエストロゲン)側に働きかけることは危険性もあるんですよ。

 

そのため、妊娠中の安定期や後期にかけて、つわりが残っている妊婦さん(個人差はありますが)がマカで栄養補給をしようと単純にマカをたくさん摂ってしまうのは問題が引き起こされる可能性も出てくるんですね。