妊活中の葉酸は男性にも必要?

妊娠中には女性の身体には葉酸が必要と言われているのはご存じの方も多いはずです。

 

しかしながら、妊活中には女性、男性問わず、パートナーとしてどちらにも必要なんですよ。

 

そこで、このページでは男性にとって葉酸が必要な理由や葉酸の働きと
葉酸の摂り方としておすすめの葉酸サプリをご紹介して行きます。

 

では早速ですが、妊活中の男性にとって葉酸が必要な理由を一緒に見て行きましょう。

妊活中は男性も葉酸が必要な理由

特に妊活中は男性側の葉酸摂取が大切になってきます。

 

今現在の認識として不妊症に悩むカップルのおよそ3割強が
『男性不妊』によるものであることが分かっているためです。

 

妊活中の男性にとって葉酸がどのように大切なのか
具体的な働きを見て行きましょう。

精子の染色体異常を予防する働き

アメリカのカリフォルニア大学のバークレー校のパブリックヘルスの研究によると
葉酸を摂取することで、精子の染色体異常を予防できるという研究結果が発表されています。

 

男性の精子には数%ではありますが、染色体に異常がある精子が含まれているそうです。
これは健康体の男性でもまったく同じで、染色体異常の精子があることが異常なわけではないのですが、
健康体の精子が多ければ多いほど受精・着床する確率は高くなるのは自然な理屈ですよね。

葉酸はビタミンB12と一緒に血液を作る

葉酸自体がビタミンB群のひとつでビタミンB9と呼ばれる別名があるのですが、
それだけでなく上の見出しで書いたように、ビタミンB12と一緒に血液を作る働きがあります。

 

男性の場合は女性と違って生理はありませんから、月一回で老廃物や古くなって
質の低下した血液が排出できる機会がないんです。

 

生理がないことは女性からすると『男になりたい!』と言われる理由ではありますが、
それが良いことばかりではないということです。

 

それだけに毎日の食生活で、ちゃんとした栄養摂取と睡眠などで疲れを取り除いたり
パートナーの生理周期やホルモンバランスのタイミングに合わせて、健康な精子を作ることが出来るように体調を整えておくことが大切なんですね。

葉酸には細胞増殖の働きもある

葉酸には、細胞増殖の働きもあります。

 

精子も細胞分裂によって作られているのは考えるまでもないですよね。

 

先ほど、男性の精子に染色体異常があり、それを防ぐことが妊活の成就につながると説明しましたが、
確率論でいうなら細胞増殖で精子の数が少しでも増えていることが大切なのは当然です。

 

葉酸には、

  • 精子の染色体異常を予防する
  • 精子の生産を助ける

妊活中は、パートナーとして奥様の排卵のタイミングと合わせて生活することが大切ですよね。

 

それに合わせて、男性側も仕事の疲れを貯めた状態ではないようにする必要があります。

 

妊娠するのは女性ですが、女性だけで妊娠できるものではないのは当然の話で、
パートナーである男性側にも精子をちゃんと作れていることが大切です。

 

葉酸には、細胞増殖の働きに関わる作用があります。

 

そのため、新しく精子を作る段階で葉酸を摂ることが大切になってくるんですね。

 

また、もう一つ葉酸が男性にも必要な理由として、赤ちゃんの奇形を予防するという意味合いもあります。

 

妊娠初期に女性が葉酸を摂取する必要があるのは、
これから育つ赤ちゃんの脊椎や脳などの身体の中の根幹になる部分を
作るため葉酸が必要と言われているからです。

 

この時期に妊婦さんに摂るべき葉酸が不足していると、
赤ちゃんが二分脊椎症や無脳症などの死産につながる
最悪の奇形が発生する確率が上がると言われています。

 

しかしながら、赤ちゃんの脳や脊椎が作られていく
受精卵の着床過程や妊娠初期では、もともとの遺伝子による
影響の方が大きいという認識も語られるようになりました。

 

これはどういう事かというと、妊娠初期(しかも0週〜6週ほどまでのごく初期の期間)は、赤ちゃんの大きさも1ミリほどしかなく、妊娠7週目頃からやっと人間の形になり始めるのです。

 

つまり、この時期の赤ちゃんにとっては、むしろ遺伝子レベルで
奇形が起こらない精子であることの方が大切ということなんです。

 

また、序盤の方でも軽く触れましたが、葉酸は精子においても細胞増殖の働きがあるため、より元気な精子が作れるということなんですね。